忍者ブログ
団結の力で、働く者の利益と権利を守ろう
1人でも入れる労働組合です

日本労働評議会 宮城県本部(労評宮城県本)

スリーエス分会(東京)の団体交渉

請負契約から雇用契約へ

スリーエスコーポレーションの東京営業所で分会を立ち上げてから3回目の団体交渉を行っています。組合は、これまで会社が労働者に対して一人親方として契約してきたことがいわゆる偽装請負にあたることを指摘し、今後は雇用契約に是正するとともに、過去の未払い残業代の支払いなどを求めて交渉してきました。すなわち、過去も雇用関係にあったのだから、年次有給休暇もあるし、雇用保険なども過去に遡ってかけて欲しいなどの要求を出してきました。

会社は弁護士を通して偽装請負を否定していますが、組合が過去も雇用関係にあったと主張するなら、源泉徴収分や住民税、社会保険加入資格を満たしている人はその保険料などを支払ってもらいたいと述べてきました。実質的には過去の雇用契約を認めるという姿勢です。組合員は少ない賃金で生活していますので、これらの税金や社会保険料を一括して支払うことはできませんが、会社が要求するなら分割でも支払って、過去の清算はするつもりでいます。

労評スリーエス分会の組合員が望んでいることは会社の真摯な謝罪です。会社は実際は雇用関係なのに、労働者を個人事業主として扱い、その結果、組合員らは慣れない確定申告をさせられ、ある組合員は多額の納税額を支払うために借金までしなければならない状況に置かれてきました。そして、会社が勝手に一人親方労災保険加入手続きをしていましたが、ケガをしても労災保険の適用もされず、労災手続きをできないのかと聞いても、できないとごまかされてきました。職人契約と言われても、営業活動を手伝ったり、下請けの業者が来たら指導するよう命じられたりしてきました。また、繁忙期を過ぎると月に20日は働きたいと希望を出しても、半分近くカットされてしまうこともありました。勿論カットされても補償はされませんから、わずかな貯金を取り崩すしかありません。これも雇用関係であれば休業手当を支給されるはずですから生活に困窮することも避けられたでしょう。身分は一人親方、実際は従業員というねじれた雇用関係の中で、労働者として得られる権利も行使できなかったのです。

したがって、会社は事実を捻じ曲げて偽装請負を否定するのではなく、社長自ら団体交渉に出席し、「皆さんに迷惑をかけてきた。今後は法令を重視して雇用関係を守って労働者の権利を保障する。」と述べるべきです。労評スリーエス分会が望んでいるのはこのような会社の真摯な態度です。団体交渉は弁護士と常務に任せて、適当にあしらっておくという態度では健全な労使関係は作れません。スリーエス分会と労評都本部は引き続き、会社の違法行為を是正させ、労働者の権利が確立された職場を目指して頑張っていきます。

スリーエスの他の営業所で働く「一人親方」の皆さん。貴方は労働者です。組合に加入して労働者の権利を獲得しましょう。

拍手[0回]

PR

コメント

日本労働評議会 宮城県本部

  Mail rouhyomiyagi@yahoo.co.jp
TEL/FAX 022-272-5644

住所 〒980-0005
   宮城県仙台市青葉区梅田町1-63
    第5白鳥ビル201