忍者ブログ
団結の力で、働く者の利益と権利を守ろう
1人でも入れる労働組合です

日本労働評議会 宮城県本部(労評宮城県本)

ロイヤルネットワーク(うさちゃんクリーニング) 正月3が日の休日を認めさせる

正月くらい休みたい!

 

始まりは、うさちゃんクリーニング(ロイヤルネットワーク社)店舗で働くパート労働者の「正月くらい休みたい」という要求でした。店舗で働くパート労働者の大半は主婦でもあり、毎年元日から仕事に出なければならない勤務形態に、正月くらい家族と一緒に休みたいという声が根強くありました。労評分会でこの要求を取り上げ、会社と交渉を始めたのは11月末の段階でしたので、時間がありませんでしたが、労評としては会社と交渉すると同時にテナントとして入っているスーパーに対して質問状を出しました。

 

正月3が日の来客数は平均10人くらい

 

会社は労評の要求に対して正月3が日を休みにすることは「営業戦略の根幹に触れる問題なのでできない」ということと、「スーパーとの契約上もできない」という二つの理由を示してきました。しかし、工場は3が日は休みです。預かっても客に渡せるのは4日以降です。元日から店を開けておく理由もありません。そして、正月3が日の来客数は平均10人くらいで、売上から見ても赤字です。会社の言う「営業戦略の根幹に触れる」という主張は破たんしているのです。問題はスーパーとの契約です。

 

会社だけでなくスーパーにも交渉

 

労評はうさちゃんクリーニングがテナントして入っているスーパーに対して、正月3が日に店を開けておかなければならないという契約を結んでいるのかどうか質問状を出しました。その質問に対して、西友はこれを否定し、ロイヤルネットワーク社から申し入れがあれば正月3が日の休店を受け入れるの回答がありました。またヨークベニマルも縛りは入れていないので、判断はロイヤルネットワーク社に任せるとの回答でしたら。唯一イオンは「契約内容は開示できないので回答しない」として、相変わらず不遜な態度を示してきました。

 

要求実現、ロイヤル社は正月3が日を原則休日とする

 

労評はロイヤルネットワーク社にこのことを伝えました。会社も組合の要求を認めざるを得なくなったのでしょう。昨年12月31日に回答が来て、原則的に正月3が日を休日とすることになりました。しかし、スーパーのテナント店は間に合いませんでしたが、来年からはほぼ全店で正月休みが実行されます。

 

この問題の背景には、大手スーパーのテナント店への横暴な支配という実態もあります。クリーニング業界の常識からすれば、元旦に店を開けても客は殆ど来ませんから、わざわざ赤字になるようなことはしたくありません。しかし、大手スーパーの中にはテナントが休んでいると見栄えが悪いなどの理由で、休店を許さない態度を取る場合もあり、それを断ると契約をしないと威圧する体質があったのです。ロイヤルネットワーク社はスーパーの言うことを丸呑みしてテナントに入り、その犠牲を労働者に強いていたのです。

 

クリーニング業界の労働条件の改善を進めよう

 

したがって、労評はスーパーにも交渉しなければらちが明かないと考え質問状を出しましたが、概ねスパーもこれを否定するわけにいかず、テナントに入る会社の独自性を認めた形になっています。労働者の切実な経済要求一つにしても、精力的に活動しなければ実現できない一つの事例ですが、クリーニング業界の体質改革のために、引き続き頑張っていきます。

拍手[0回]

PR

コメント

日本労働評議会 宮城県本部

  Mail rouhyomiyagi@yahoo.co.jp
TEL/FAX 022-272-5644

住所 〒980-0005
   宮城県仙台市青葉区梅田町1-63
    第5白鳥ビル201