団結の力で、働く者の利益と権利を守ろう
1人でも入れる労働組合です

日本労働評議会 宮城県本部(労評宮城県本)

北上京だんご本舗分会 組合活動を理由にした懲戒解雇 組合側の完全勝訴で決着

最高裁 会社側の上告審は「申立の不受理」という形で決着がつく

北上京だんご分会の分会長の不当解雇については、先日に記事を載せました中労委とは別に裁判も行っていましたが、4月20日付で最高裁から「本件を上告審として受理しない」という調書が届きました。これにより仙台地裁及び仙台高裁の解雇無効判決が確定し、組合側の完全勝訴で決着がつきました。

「上告審として受理しない」ということはつまり、最高裁から門前払いをくらったということです。これは当然の結果です。なぜなら会社側は、

社長「俺は、分会長は実績があるから会社に残ってほしいが、その代わり組合活動はやめなさい。そうでなければ、あと1か月で解雇する」

元取締役「組合を辞めるか、会社を辞めるか、どっちかの選択だっていってるんだよ」

 と発言しているように、組合活動を理由にした不当解雇だからです。労働組合の結成や組合活動を理由にした解雇は、不当解雇です!

 

 解雇無効の判決で完全に決着がつきましたので、労評と北上京だんご分会長は、改めて会社の職場改善に乗り出します!

労評北上京だんご分会は、

「高品質のだんごを作って、お客さんに提供できる会社に変えて行こう!」

1、組織の中身のない会社を作り変えよう

2、安心して長く働ける職場に変えよう

3、法律違反を改めさせよう

をスローガンに掲げ、北上京だんご本舗で働く労働者全員が、ずんだもちを日本全国に広めた会社の労働者として自信と誇りを持って働ける職場への改善を目指します!

 

どんな職場にだって労働組合は作れる!

労評は、1人からでも加盟できる合同労組(ユニオン)です。宮城あるいは東北各県からの労働相談をお待ちしています。

北上京だんごのように、職場の問題を改善して行くには、労働者1人ではやはり難しいものです。だからこそ労働組合はどんな職場にも必要ですし、また、どんな職場にだって労働組合を作ることができます!

今回の北上京だんごの分会長の不当解雇のように、労働組合に加盟をしたこと、労働組合の活動をしたことを理由にした解雇、あるいは減給、パワハラ、配置転換など何らかの不利益を与える行為はすべて違法行為です!

 北上京だんごのように、不当解雇を行ってくる経営者も中にはいますが、労働組合の団結の力があればそれを押し返すことができます。労働者の生活を守ることも、お客さんのためにより良い職場環境をつくることも、その先につながっています。

 

拍手[2回]

コメント

日本労働評議会 宮城県本部

  Mail rouhyomiyagi@yahoo.co.jp
TEL/FAX 022-272-5644

住所 〒980-0005
   宮城県仙台市青葉区梅田町1-63
    第5白鳥ビル201

東北 宮城 仙台 労働相談 労働組合 ユニオン