忍者ブログ
団結の力で、働く者の利益と権利を守ろう
1人でも入れる労働組合です

日本労働評議会 宮城県本部(労評宮城県本)

労評に加盟して残業代を取り戻そう!

残業代はきちんと支払われていますか?

 「サービス残業」という言葉がありますが、労働基準法によれば、会社は労働者に対して働いた分だけ賃金を支払わなくてはなりません。一日8時間を超えた労働時間は割増賃金として、残業時間を1分単位で計算して残業代を支払わなければなりません!

 しかし実際の職場内では、

「残業代を支払ってたら会社は赤字だ。倒産したら困るだろ!?」

「お前が仕事遅いから残業してるんだ。残業代なんて出すわけないだろ!」

「会社から給料をもらってる身だ。残業代は我慢しなきゃ」

などと社長や役員、あるいは役職者から言われ、残業代がきちんと支払われていない職場は、少なくないと思います。

 「本当は2時間残業をしたのに1時間しか残業申請が認められない」「30分以内の残業は申請できない」と言うのは分かりやすいサービス残業の例です。しかし、残業代を支払わない不正なやり方は、それだけではありません。「残業代未払い」といっても、様々なケースがあります。

 

●例1:「歩合給から残業代を引かれるケース」 …交通・運輸業のドライバーなど

たとえば、残業を全くしない場合に

基本給10万・残業代0万・歩合給10万円 → 総支給20万

仮に20時間、残業をすると、

基本給10万・残業代4万・歩合給6万円  → 総支給20万円

というケースです。

 いくら長く残業しても、残業代と同じ金額が歩合給から差し引かれます。つまり「総支給額」は変わりません。これでは、”見た目”は残業代を払っているけれども、”実際”には支払っていないのです。このケースは、トールエクスプレスジャパン広島分会の組合員が、顧問弁護士の指宿弁護士、中井弁護士を代理人として裁判で争っているところです!

 

●例2:「偽装請負のケース」 …建設業など

 会社の指揮管理のもと働く「労働者」であるのに、個人事業主として請負契約になっているいわゆる「偽装請負」の場合があります。これは建設業界などで見られる傾向です。偽装請負であるために残業代がきちんと支払われていません。東京のスリーエス分会では、拘束時間が10時間を超えた場合に1時間750円の手当が支払われる形になっていました。750円では、東京の最低賃金を大きく下回っています。

しかし、スリーエス分会では、会社側に偽装請負を認めさせ、改めて雇用契約を締結し、残業代未払分も、過去2年間分の残業代を組合の団体交渉で取り戻しました。取り戻した残業代は、組合の請求額どおりの満額回答で、3500万円(約25人分)を超える金額です!

 

●例3:「ノルマを達成しないと残業代を認めないケース」 …販売職など

 「売上が○○万円を超えないと残業を認めません」というケースです。労評によって現在は改善されましたが、以前のロイヤルネットワーク(うさちゃんクリーニング)はそうでした。店員は基本ワンオペ(一人勤務)としていますが、繁忙期やセール期間は一人では仕事がこなせない場合も出てきます。その場合は早番の人が残って仕事を手伝いますが、売上が一定額を超えないと、早番、遅番の店員さんの勤務時間が被る時間(ダブり時間)の残業代を支払ってきませんでした。

 

労評で残業代を取り戻そう! まずは相談を

例1のケースは裁判中で勝訴の可能性が高いと踏んでいます。また、例2,3はすでに残業代未払いを認めさせ改善しています!皆さんの職場では、いずれかの例と似た残業代未払いが行われていませんか?

・まずは労評にご相談ください。相談は無料・秘密厳守で行っております。職場によって、残業代未払いのやり口は様々です。まずは相談して「本当に残業代未払いなのか?」「残業代未払いはいくらなのか?」「どうすれば未払い分を取り戻せるのか?」をチェックしましょう。

・労評に加盟いただければ残業代未払いで会社との団体交渉を行えます。団体交渉には、労評の役員や組合員も参加するので安心です。例2のスリーエス分会は団体交渉で3500万円を取り戻しています!

・団体交渉で解決できず決裂した場合、労評の顧問弁護士や労評弁護団の弁護士を代理人とし、裁判を提訴できます。

・労評では、今までの勝利の蓄積があります。あきらめないで、ぜひ行動を起こしてください。労評は労働者の権利を守るため、最後まで戦います!

・顧問弁護士の暁法律事務所のホームページはこちらになります。また、大阪暁法律事務所・中井雅人弁護士が、さらに多くの残業代未払いの手口についてまとめていますので、詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ

 

【連絡先】

住所 〒980-0005 宮城県仙台市青葉区梅田町1-63 第5白鳥ビル201

電話・ファックス 022-272-5644

メール rouhyomiyagi@yahoo.co.jp

拍手[1回]

PR

コメント

日本労働評議会 宮城県本部

  Mail rouhyomiyagi@yahoo.co.jp
TEL/FAX 022-272-5644

住所 〒980-0005
   宮城県仙台市青葉区梅田町1-63
    第5白鳥ビル201